« 瀬戸連正副取締役会 | トップページ | 次女の左腕 »

2007年9月10日 (月)

次女 イスから落ちる

日曜日。私の実家(舞阪)に行きました。
リビングに居ると台所から次女の無く声がします。
急いで行くと、イスの横に横たわっています。
イスから落ちた様です。
左腕が痛い!と泣いています。
30分位経っても、まだ痛いと泣いています。
触ると、本当に痛そうな顔をしています。
急いで当直医を調べました。
弁天の正田さんです。内科・小児科です。
お袋が言うには腕は良いらしいです。
でもどう考えても専門外です。
家の近くの聖隷に行く事にしました。
やはりここでも当直医は専門外の様で
一応の診察とレントゲンをとってもらいました。
明日、もう一度レントゲンを持ってちゃんとした先生に診てもらって下さい。との事。
しかし、ギプスで固定した為か?大した事無かったのか?
夜には平気で遊んでいます。
明日、ちゃんと見てもらうつもりですが、大した事無い可能性が濃厚です。
ブログに経過が無かったら大した事無いと思って下さい。


« 瀬戸連正副取締役会 | トップページ | 次女の左腕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11551/7876595

この記事へのトラックバック一覧です: 次女 イスから落ちる:

« 瀬戸連正副取締役会 | トップページ | 次女の左腕 »